カタログスタンドの魅力を徹底解明|知って得する宣伝術

マーケティング調査の手法

チェックリスト

市場動向や自社製品の評判を把握するために、マーケティングリサーチという手法が使われています。多くの手法が開発されていますが、経営に生かしていくためには目的に合った手法を選択することが重要です。マーケティングリサーチは定量調査と定性調査の2つに大きく分けられます。実施方法にもいろいろな種類があります。

もっと見る

大きな風船の宣伝

バルーン

アドバルーン広告は高層の建物が増えたことやインターネットの急速な普及により使用されることが少なくなった宣伝方法ですが、今もデパートやイベントなどで見ることができます。現代では物珍しいものになっており注目や興味を集めやすいので、活用してみる価値はあると思います。

もっと見る

販売促進を高める

アンケートを受ける女性

販売促進を高めるには、オフラインによるマーケティング調査も重要です。オフラインにおいて得た情報を元にネットでの利用に繋がる事もあるためです。実店舗におけるマーケティング調査では、自社に関わりの薄い情報についても集める事がポイントです。新しい視点に立つ事によって、新しい視野が生まれて来る事もあります。

もっと見る

手軽に設置が可能な広告塔

チラシスタンド

今後も必要な広告塔

デーパートやスーパーでよく見かける、求人広告やフリーペーパーを提示しているカタログスタンドですが、今後もなくならないオフライン広告です。最近の主流はインターネットを使ったネット広告が多いですが、ネット広告を見るためには、通信回線契約、プロバイダー契約、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの情報機器が必要になります。しかし、カタログスタンドなどはネット環境が必要なく、老若男女関係なく、文字が読める方なら誰にでも有用な宣伝広告になります。カタログスタンドを置くだけで、宣伝したい商品やサービスの資料を効率よく宣伝できるのもカタログスタンドの良いところです。有効にカタログスタンドを置くことで、顧客を限定することなく、宣伝することが可能なのが、なくならない理由です。

設置には気を付けて

カタログスタンドを設置する場合は、設置する場所や内容に気を付ける必要があります。道に設置したい場合は条例や近隣の環境により、設置できない場合もあります。また、店内に置く場合でも、より多くの人が集まる場所や、手に取りやすい環境、目につきやすい環境に設置する必要があります。カタログスタンドのサイズによっては、設置面積を要するため場所が必要になります。通路に設置する場合は注意が必要になります。提示する商品やサービスも設置場所に関連性が高い場合は手に取って貰いやすい宣伝方法になります。また、強く勧め過ぎないようにすることで、嫌悪感を抱かれない広告塔になります。カタログスタンドを上手に設置することにより効率的な宣伝が可能になります。