カタログスタンドの魅力を徹底解明|知って得する宣伝術

マーケティング調査の手法

チェックリスト

目的に応じた調査手法を

企業が商品開発を進めるためには、あらかじめ市場動向を探ることが欠かせません。自社製品やサービスの評判を把握するためにも、顧客満足度の調査は役に立ちます。そういった市場調査のことをマーケティングリサーチと呼んでいます。大半の企業はその重要性を認識していますが、十分な調査を実施できないでいる企業も少なくありません。マーケティングリサーチの手法も進化しており、調査結果をフル活用すれば企業業績拡大に大きく貢献できます。調査を十分に活用できていない場合は、スタート地点から考え直すことで問題解決につながります。どのような目的でマーケティングリサーチを行なうのかという点を明確にし、戦略的思考に基いて市場調査を企画するのです。実際にマーケティングリサーチを経営に生かしている企業では、明快なビジョンに基いて市場調査を実施しています。調査手法は大きく進化しましたが、徹底実施には困難を伴うことも多いものです。人材に余裕のない企業の場合、リサーチ業者を利用することで最新調査手法の恩恵を受けることができます。マーケティングリサーチのプロはあらゆる調査手法を駆使し、データの分析まで実施してくれるのです。

いろいろな調査手法

マーケティングリサーチの調査手法は、定量調査と定性調査の2つに大きく分けられます。定量調査は調査データを数値で集計したり分析したりする手法です。ネットリサーチや会場調査・郵送調査・顧客満足度調査といった方法が定量調査によく使われます。定性調査は数値で測りきれない意見や行動など質的なデータを集める手法です。グループインタビューやデプスインタビューなど、インタビュー手法が代表的な定性調査として挙げられます。訪問観察調査や覆面調査などもこれに分類されます。電話調査や街頭調査など、実施手法にも多くの種類があります。ホームユーステストはモニターに自社製品を一定期間使用してもらってアンケート評価を得る手法です。比較的手間のかかる調査方法ですが、リサーチ会社の中には商品の梱包や発送なども代行してくれるところがあります。リサーチ業者ではこの他にもライフスタイル調査やブランドイメージ調査など、いろいろな調査方法を実施しています。調査結果はテキストマイニングやデータマイニングといった分析手法を使ってアウトプットされます。得られたデータを有効に活用すれば、商品開発にも強力な武器となるのは間違いありません。