カタログスタンドの魅力を徹底解明|知って得する宣伝術

販売促進を高める

アンケートを受ける女性

オフラインの重要性

現在においては、ネットによるマーケティング調査が主流です。ただし、ネットによる調査などは万能ではありません。アンケートなど不特定多数の方が答える内容とは、能動的な性格の持ち主である可能性を高く持ち合わせています。マーケティング調査に興味の無い人へは、確かな情報を得る事が出来ません。もしかすれば、ネットからの調査は、マイノリティーの情報であるリスクも抱えています。そのため、オフラインでのマーケティング調査の重要性も持ち合わせています。ネットで情報を知った方が、実店舗で購入する事もあります。その逆として、実店舗で興味を持った方がネットから注文を行う人もいます。この様な事も含めながら、様々な情報を集める事がマーケティング調査には大切な要素の一つなのです。

実店舗における調査

マーケティング調査は、ただの人気調査ではありません。集めた情報から、新しいサービスの提供などの開発に繋がえて行く必要性があります。見た目はもちろんの事、商品であれば手に触った感触なども資料として集める事がポイントです。特に、実店舗で働く店員は、来客者の行動をよく見ています。どの様な地域において、どの様な商品が消費しやすいのかについてマーケティング調査する事も重要です。一般的に、マーケティング調査を行うのは、自社のサービスや自社と関連の強い内容に視点が集まりやすくなります。様々な情報を集める事によって、新しい視点が現れ、自社のサービスとの関連性を見い出していく事も出来ます。マーケティング調査の基本は、出来るだけ多くの情報を集める事です。現在において、役に立たない情報であろうとも、未来において役に立つ情報へと変わる可能性も秘めています。